現代日本の工芸展

 

2015年5月13日~6月13日、スケーエンの文化センター:カッペルボー(Kulturcenter Kappelborg)に於いて、国際交流基金巡回展「現代日本の工芸」展を実施いたしました。

世界中を巡回しているこの「現代日本の工芸」展では、江里佐代子さん、徳田八十吉さん、増村紀一郎さん、室瀬和美さん、吉田美統さんの五名の重要無形文化財保持者の作品を含む62点の様々な工芸作品が展示され、日本の工芸品を目にする機会の少ないデンマーク人来場者の目を楽しませていました。

開会式では、末井駐デンマーク日本国大使と共に、ハンセン・フレデリクスハウン市長とラース・イルム・カッペルボー館長がオープニング・スピーチを行い、地元フレデリクスハウン市議会議員や地元メディア関係者など多くの人で賑わいました。