日本デンマーク関係

令和4年5月10日

日デンマーク関係

1 黎明期―江戸時代(出典:「日本・デンマーク文化交流史」長島要一著)

(1)両国間の本格的な交流は、1867年の江戸幕府による修好通商航海条約締結に始まる。
(2)右よりおよそ二世紀前、1674年、デンマークは、鎖国時代の日本国王に対して、クリスチャン五世国王陛下の親書をもって海運と貿易を行いたい旨伝達すべく試みたが、右書簡が日本に到達することはなかった。また、1739年、ベーリング探検隊の副官、スパンベアがデンマーク人として初めて日本の仙台沖にて日本の漁民との接触をもったとされる。
(3)1803年夏、ロシアでの10年の滞在後、長崎に赴くロシア使節レザノフに同行し帰途についた4人の仙台藩の日本人漂流民が、コペンハーゲンに滞在した。
(4)1846年、ビレ提督が日本の開港を探るべく浦賀沖まで達し、短時間ながら、川越藩士橋本深美との面談を行い、両国間の記録に残る交渉が開始された。
(5)1862年、オランダ、ハーグに来訪した竹内使節団に対して、在オランダのデンマーク大使より修好通商条約の協議開始の希望を伝達するも、新たな条約締結の予定はないとの応答。
(6)1864年3月、オランダ留学中の榎本武揚、赤松則良が、デンマークとプロシアの戦闘観戦のため、コペンハーゲン訪問。軍艦ロルフ・クラーケ号見学、前線を観戦。
(7)1865年、ホルスブロック在京オランダ公使、修好通商条約の早期締結を申し入れ。1866年8月、クリスチャン九世国王陛下の書簡が接到。ホルスブロック公使、江連加賀守尭則と会談。その後、会談と書簡のやりとりを経て、1867年1月、修好通商航海条約調印。

2 明治(1868-1912年)及び大正時代(1912-1926年)

(1)皇室と王室とのご交流

1886年(明治19年)、伏見宮貞愛親王殿下、デンマークご訪問。
1887年(明治20年)、小松宮彰仁親王殿下、デンマークご訪問。
1900年(明治33年)、ヴァルデマー親王殿下、訪日。

(2)外交関係

1873年(明治6年)4月、岩倉使節団、コペンハーゲン訪問。クリスチャン九世国王陛下に謁見。

3 昭和時代(1926-1989年)

(1)皇室と王室のご交流

欧州最古と言われるデンマーク王室と日本の皇室は親密な関係を維持されてきた。 1930年(昭和5年) アクセル殿下、フレデリック王太子殿下(後のフレデリック九世国王陛下)、クヌード殿下、訪日。
1952年(昭和27年)11月、アクセル殿下訪日。
1953年(昭和28年)8月、皇太子殿下、デンマークご訪問。
1957年(昭和32年)2月、アクセル殿下訪日。
1958年(昭和33年)5月、アクセル殿下訪日。
1963年(昭和38年)12月、マルグレーテ王女殿下訪日。
1964年(昭和39年)11月、国王弟クヌード同妃両殿下訪日。 
1965年(昭和40年)10月、正仁親王同妃両殿下、国際親善のためデンマークご訪問。
1968年(昭和43年)寛仁親王殿下、オックスフォード大学ご留学中にデンマークご訪問。
1970年(昭和45年)4月、マルグレーテ王女殿下、同夫君ヘンリック殿下訪日。
1971年(昭和46年)9月、天皇皇后両陛下、デンマークご訪問。
1981年(昭和56年)4月、マルグレーテ二世女王陛下、ヘンリック王配殿下(国賓)訪日。
1983年(昭和58年)5月、正仁親王同妃両殿下、日本展開会式ご臨席のためデンマークご訪問。
1984年(昭和59年)5月、ヘンリック王配殿下訪日。
1985年(昭和60年)5月、国王妹ベネディクト殿下訪日。
1985年(昭和60年)6月、皇太子同妃両殿下、国際親善のためデンマークご訪問。
1987年(昭和62年)11月、フレデリック皇太子殿下訪日。

外交関係(出典:昭和32年第1号が出版された以降の「外交青書」)

1957年(昭和32年)、東京、コペンハーゲン航空便開通。査証条約、締結。通商航海条約、締結。9月、コペンハーゲンでのデンマーク国際ホビー展、10月国際菊花展に参加。
1959年(昭和34年)、租税条約、発効。戦時中わが国の軍事行動によってこうむった損害に対する補償請求解決に関する取極、署名(4億2300万円支払)。
1962年(昭和37年)、コペンハーゲン市立図書館に外務省から文化紹介英文図書107冊寄贈。
1963年(昭和38年)8-9月、大平外務大臣、デンマーク訪問。フレデリック九世陛下謁見。クラウ首相、ヘケロップ外相と会談。オーフス大学に図書220冊を文化国際交流会から、外務省から文化紹介英文図書37冊寄贈。
1964年(昭和39年)1月、ヘケロップ外相、デンマーク外相として初公式訪日。天皇皇后両陛下拝謁、池田総理、大平外務大臣と会談。
1967年(昭和42年)、スカンジナヴィア3ヶ国との航空交渉開始。
1968年(昭和43年)、改正租税条約、署名。
1969年6月(昭和44年)6月、ハートリング外相、公賓として訪日。
1970年(昭和45年)1月、デンマークの輸入制度改正。対日個別ライセンス制を廃し、日本からの直接輸入につき、一部例外品目を除き自由化。トムセン商務相、万博視察のため訪日。
1971年(昭和46年)11-12月、トムセン漁業相、貿易使節団長として訪日。
1973年(昭和48年)1月、デンマーク、EC加盟。
1975年(昭和50年)11月、アンダセン外相、外務省賓客として訪日。
1977年(昭和52年)12月、ヨーゲンセン首相、社会主義インター首脳会議出席のため非公式訪日。
1978年(昭和53年)4月、牛場対外経済担当大臣、デンマーク訪問。7月、ボン・サミット後、福田総理、園田外務大臣、村山大蔵大臣、デンマーク非公式立寄り。
1979年(昭和54年)12月オーレセン外相、外務省賓客として訪日。
1981年(昭和56年)4月、オーレセン外相、マルグレーテ二世女王陛下の国賓訪日に随行。10月、ヨーゲンセン首相、非公式訪日。
1982年(昭和57年)9月、櫻内外務大臣、デンマーク(EC議長国)訪問。
1983年(昭和58年)6月、安倍外務大臣、デンマーク訪問。7-8月、シュルター首相、訪日。8月、ヤコブセン国会議長、訪日。
1984年(昭和59年)3月、クリストファーセン大蔵大臣、訪日。5月、クローブ漁業大臣、訪日。10月、クリング技術庁長官、訪日。12月、ウェフェ・エレマン=イエンセン外務大臣、訪日。
1985年6月、安倍外務大臣、デンマーク訪問。
1986年8-9月、ホルベア農業大臣、訪日。
1988年(昭和63年)8―9月、ヨッフェルト・グリーンランド自治政府首相、訪日。9月、オーレセン社会相、10月、ラウストネン社会相、トーアネス農相、訪日。

  4 平成時代(1989―2019年)

(1)皇室と王室のご交流

1991年(平成3年)、正仁親王同妃両殿下、日本伝統工芸展開幕式、日本現代版画展開幕式にご出席のためご訪問。
1996年(平成8年)9月、憲仁親王同妃両殿下、外国事情ご視察のため、デンマークご旅行。
1998年(平成10年)5~6月、天皇皇后両陛下、国際親善のためデンマークご訪問。
2001年(平成13年)7月、エリーサベット王女殿下、訪日。
2004年(平成16年)5月、皇太子殿下が同国で行われたフレデリック皇太子殿下の結婚式にご参列された。
同年11月,マルグレーテ二世女王陛下及びヘンリック王配殿下が日本を訪問された(国賓としては,1981年(昭和56年)に続き2度目)。
2005年(平成17年)4月20日の愛・地球博デンマーク・ナショナルデーに合わせ,フレデリック皇太子殿下及びメアリー同妃殿下が訪日された。
2011年(平成23年)6月、フレデリック皇太子殿下が訪日され、東日本大震災で被災した宮城県東松島市にて、デンマーク企業の支援により改修された保育所や小学校を訪問され,子供たちとサッカーの試合をされる等被災市民を激励された。また,10~11月にはマルグレーテ二世女王陛下のアートワーク展覧会開催に合わせてヨアキム王子同妃両殿下が訪日され、関連ワークショップに招待された被災地児童と交流された。
2015年(平成27年)3月、グリーンランド・プロモーション(グリーンランドの文化,海産物等の物産,資源や観光等を日本に紹介するため、グリーンランド自治政府が主催する行事)のためにフレデリック皇太子殿下及びメアリー同妃殿下が訪日された。
2017年(平成29年)6月、両国外交関係樹立150周年にあたり、皇太子殿下がデンマークを御訪問され、マルグレーテ二世女王陛下、フレデリック皇太子同妃両殿下との食事会に御出席されたほか、ラスムセン首相と御接見された。10月には、フレデリック皇太子同妃両殿下が訪日し、サムエルセン外相、ボック文化・教会相,ラーセン環境・食料相、ノアビュ保健相、ビジネス団が同行した。両殿下は,天皇皇后両陛下主催の御昼餐、そして、皇太子同妃両殿下主催の御夕餐にご出席された。

(2)外交関係 
 平成時代を通じて、伝統的な皇室と王室とのご交流が進む中、日デンマーク関係は着実に発展した。首脳外交との観点からは、(1)2002年(平成14年)のデンマークEU議長国時の相互訪問(小泉総理、アナス・フォー・ラスムセン首相)、(2)2009年(平成21年)のデンマーク国連気候変動枠組み条約締約国会議主催(COP15)時の相互訪問(鳩山総理、ラース・ルッケ・ラスムセン首相)、(3)2014年(平成26年)のトーニング・シュミット首相の訪日時に安倍総理と合意した「戦略的パートナーシップ」文書の発出、(4)2017年(平成29年)の外交関係150周年の相互訪問(安倍総理、ラース・ルッケ・ラスムセン首相)等が行われた。
ア 2002年第11回日EU定期首脳協議、第4回アジア欧州首脳会議(ASEM)
 2002年(平成14年)7月、第11回日EU定期首脳協議のため訪日したアナス・フォー・ラスムセン(EU議長国)首相は、小泉総理と首脳会談を行った。
同年9月、コペンハーゲンで開催されたASEM首脳会合に小泉総理が出席し、訪朝結果の紹介を行い、「朝鮮半島の平和のためのASEMコペンハーゲン政治宣言」が発出される等、議長国デンマークと日本との緊密な連携が行われた。
同年12月には、デンマーク議長国の下、第5次EU拡大が決定され、東欧諸国等10か国の新規加盟が決定された。総じて、日デンマーク関係を通じて日EU関係の強化が進展した。
イ 2009年第15回国連気候変動締約国会議(COP15)
 2009年(平成21年)10月、デンマークを訪問した鳩山総理は、ラース・ルッケ・ラスムセン首相と首脳会談を行い、2016年のオリンピックの東京開催誘致、COP15の成功に向けた両国の協力について意見交換を行った。同年12月、鳩山総理はデンマークを訪問し、COP15に出席し、また、ラスムセン首相と首脳会談を行った。
ウ 2014年「戦略的パートナーシップ」文書の合意
2014年(平成26年)3月、トーニング=シュミット首相が訪日し、安倍総理と首脳会談を行い、戦略的パートナーシップの設立に関する共同声明を発表した。同年4月末から5月初旬にかけて岸田外務大臣が我が国の外務大臣として29年ぶりにデンマークを公式訪問し、リデゴー外務大臣,イエンセン貿易・開発大臣,ハモン・グリーンランド自治政府首相らと会談を行った。2016年(平成28年)3月には,ピア・ケアスゴー国会議長が訪日し,安倍総理を表敬した。
エ 2017年外交関係樹立150周年
 日本とデンマークは2017年に外交関係樹立150周年を迎え、双方の周年事業名誉総裁に我が方皇太子殿下とフレデリック皇太子殿下がそれぞれ御就任された。1月18日にはデンマーク国立美術館にて日デンマーク外交関係樹立150周年記念式典が開催され、日本側代表として岸外務副大臣が出席した。2017年を通じて、日本とデンマーク両国において様々な周年行事が開催された。7月には安倍総理がデンマークを訪問し、ラース・ルッケ・ラスムセン首相との間で首脳会談を行った。両首脳は、両国の戦略的パートナーシップを様々な分野において一層推進していくことで一致した。また、河野外務大臣とサムエルセン外相の間で外相会談が行われ、2014年の「戦略的パートナーシップ」の更なる進展、北極における協力等で一致した。2018年、河野外務大臣が「P4Gコペンハーゲン・サミット2018」に出席するためデンマークを訪問し、ラスムセン首相表敬及びサムエルセン外相との会談を行い、両国の戦略的パートナーシップを今後、更に進めていくことで一致した。

  5 令和時代(2019年-)

(1)皇室と王室のご交流

2019年(令和元年)10月、フレデリック皇太子殿下及びメアリー同妃殿下が、即位の礼にご参列のため訪日された。

(2)外交関係

 2019年10月、河野防衛大臣とブラムセン国防大臣が電話会談。2020年(令和2年)8月、茂木外務大臣とコフォズ外務大臣が電話会談。
 2019年2月の日EU経済連携協定の発効を受けた一層の貿易投資関係の推進、日本の2050年までの脱炭素社会達成とデンマークの2030年までの温室効果ガス70%削減目標を踏まえた気候変動分野での協力、新型コロナウイルス感染症を踏まえた一層のデジタル化の推進、自由で開かれたインド太平洋を巡る協力等を念頭に置いて、2014年の首脳合意文書「戦略的パートナーシップ」の改訂作業を進め、両国関係の一層の強化に向けて対話が進展中。
 2021年6月、日本とGaviが共催したCOVAXワクチン・サミットにはモーテンセン開発協力大臣が参加した。同年11月、訪日したコフォズ外務大臣は、林外務大臣と会談し、両大臣はインド太平洋における平和と繁栄の重要性を強調し、自由で開かれたインド太平洋に向けた協力を強化することを決定し、また、気候危機は世界にとって存亡に係る脅威であり、両国がこの危機と闘うために積極的な役割を担っていくことを認識した上で、戦略的共同作業計画の最終化に向け共に作業することを決定した。
 2022年4月、ラナ・フェロー諸島自治政府外務・貿易大臣が訪日し、鈴木外務副大臣と会談を行い、日本政府とフェロー諸島政府との間の協力覚書に署名。2022年5月、若宮国際万博博覧会担当大臣がデンマークを訪問し、コペンハーゲン訪問中のラナ同大臣と意見交換。

(3)経済関係

 2020年3月以降の新型コロナウイルス感染症の拡大により、感染防止の観点から人の移動の規制が課せられており、貿易・投資に負の影響を与えているが、その間、相互の投資は製薬分野等でむしろ強化される面もあった。デンマークにおいては、2021年春以降の社会活動の再開やワクチン接種の進展などに支えられ、経済は持ち直している。日本においても、ワクチン接種を促進するなかで、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されている。今後、同感染症の収束を目指しながら、相互の貿易投資が再活性化されるよう努力が続けられている。
 2021年8月、東京オリンピック大会に参加のため、文化大臣(スポーツ担当)の代理として、プレーン食料・農業・漁業大臣が訪日し、野上農林水産大臣と会談を行った。同年12月、プレーン食料・農業・漁業大臣は、日本が主催した東京栄養サミットにオンライン参加し、栄養改善に向けた議論に貢献。
 2022年5月、若宮国際万博博覧会担当大臣がデンマークを訪問し、コレラップ産業・ビジネス・金融大臣と会談し、2025年大阪・関西万博へのデンマークの出展を要請。

(4)文化スポーツ交流
 2020年夏の東京オリンピック、パラリンピック大会は、新型コロナウイルス感染症のため延期となった。2021年7月から9月、東京オリンピック、パラリンピックが開催され無事終了した。デンマークからは、上記プレーン大臣に続き、パラリンピック大会に参加のため、ハルスボー=ヨーエンセン文化(スポ-ツ担当)大臣が訪日し、萩生田文部科学大臣と会談を行った。デンマーク選手団は、オリンピックでは金3(バドミントン、自転車、セーリング),銀4 銅4、パラリンピックでは、金3(馬術、テコンドー)、銀1、銅1の成績を残した。

最近の要人往来

日本からデンマークへ (平成以降)

  • 1993年 田名部農林水産大臣
  • 1998 年 天皇皇后両陛下
  • 2002 年 塩川財務大臣
  • 2002年 今村外務大臣政務官
  • 2002年 小泉総理大臣
  • 2003年 小池環境大臣
  • 2004年 皇太子殿下
  • 2009年 鳩山総理大臣
  • 2009年 小沢環境相
  • 2009年 鳩山総理大臣
  • 2013年 根本復興大臣
  • 2013年 甘利経済再生担当大臣
  • 2013年 新藤総務大臣
  • 2014年 岸田外務大臣
  • 2017年 加藤内閣府特命担当大臣
  • 2017年 皇太子殿下
  • 2017年 安倍総理大臣
  • 2018年 河野外務大臣
  • 2022年 若宮国際博覧会担当大臣

デンマークから日本へ(平成以降)

  • 1989年 エレマン=イエンセン外相
  • 1989年 ウイルヘルム産業貿易相
  • 1989年 デュプケア環境相
  • 1989年 ホーダー教育相
  • 1991年 イングリッド皇太后
  • 1991年 シュルター首相
  • 1992年 デュアモーセ蔵相
  • 1992年 ルンホルト産業相
  • 1992年 ホフマン住宅相
  • 1993年 イェルベス経済相
  • 1993年  ダイン開発相
  • 1993年 リュケトフテ蔵相
  • 1993年 トロイボー産業相
  • 1993年 スヴェンセン住宅相
  • 1993年 ダイン開発相
  • 1993年 ヴェスト農業・漁業相
  • 1994年 アナセン科学技術・研究相
  • 1994年 ピーターセン外相
  • 2001年 イェルベス経済相
  • 2001 年 ハンセン国会議長
  • 2001 年 エリザベス王女殿下
  • 2001 年 フェアゴ教会大臣
  • 2002 年 アナス・フォー・ラスムセン首相
  • 2003 年 ホーダー難民移民大臣
  • 2003 年 シュミット環境大臣
  • 2004 年 マルグレーテ女王陛下及びヘンリック王配殿下
  • 2004 年 ムラー外務大臣
  • 2005 年 フレデリック皇太子同妃両殿下
  • 2005 年 ベンセン経済産業大臣
  • 2006 年 アナス・フォー・ラスムセン首相
  • 2008年 メルキオール最高裁判所長官
  • 2009 年 ヘデゴー気候・エネルギー大臣
  • 2010 年 ラース・ルッケ・ラスムセン首相
  • 2010 年 エレマン環境大臣
  • 2011 年 フレデリック皇太子殿下、ヨアキム王子同妃両殿下
  • 2012 年 デュア貿易・投資大臣
  • 2012 年 バック開発協力大臣
  • 2012 年 ソウンダール外務大臣
  • 2012 年 リデゴー気候・エネルギー・建設大臣
  • 2013 年 ヘケロップ食料・農業・漁業大臣
  • 2014 年 デュア交通大臣
  • 2014 年 ヘレ・トーニング=シュミット首相
  • 2015 年 フレデリック皇太子同妃両殿下
  • 2015 年 ダン・ヨーエンセン食料・農業・漁業大臣
  • 2015 年 キム・キールセン・グリーンランド自治政府首相兼内務大臣
  • 2016 年 ピア・ケアスゴー国会議長
  • 2017 年 ボック文化・教会大臣
  • 2017 年 ラーセン環境・食料大臣
  • 2017 年 ミケルセン産業大臣
  • 2017 年 フランク高齢者大臣
  • 2017 年 フレデリック皇太子同妃両殿下
  • 2017 年 サムエルセン外務大臣
  • 2017 年 ボック文化・教会大臣
  • 2017 年 ラーセン環境・食料大臣
  • 2017 年 ノアビュ保健大臣
  • 2018 年 ミケルセン・フェロー諸島自治政府外務・貿易大臣
  • 2018 年 ピン高等教育・研究大臣
  • 2018 年 ポールセン雇用大臣
  • 2018 年 エレマン=イェンセン環境・食料大臣
  • 2019 年 フレデリック皇太子同妃両殿下
  • 2021 年 プレーン食料・農業・漁業大臣
  • 2021 年 ハルスボー=ヨーエンセン文化(スポ-ツ担当)大臣
  • 2021 年 コフォズ外務大臣
  • 2022 年 ラナ・フェロー諸島自治政府外務・文化大臣